ETCカードの比較をしてみよう

ETCカードの比較をしてみよう

ETCカードには年会費無料のカードも多く、それぞれのクレジット会社の特徴を全面に押し出したカードが多数発行されています。
このETCカードを比較していきます。
当然ETCカードを比較するには前提として年会費無料としています。
・NICOSのVIASOのETCカード:年会費無料でETCマイレージでのポイント手続きが必要なく、自動でキャッシュバックがされます。
ネットでのショッピングにもお得になっています。
・出光カードまいどプラスのETCカード:年会費が無料で、ガソリン・軽油が2円引きであることと、787円で出光のロードサービスが利用可能になりますし、西友やリヴィンでのショッピングが5%引きとなります。
・UFJ ViasoのETCカード:ETCカードの年会費が無料はもちろん、ネットショッピングでお得であること、ETCマイレージでのポイントはオートキャッシュバックとなります。
・SBIレギュラーカードのETCカード:年会費無料で旅行保険が充実していて、1ポイント1円で最大1.2%のポイントバックになっています。
・OMCカードでのETCカード:ダイエーグループでのOMCカードご優待デーが適用されます。
またクレジットカードでは珍しい7日間無利息キャッシングが可能ですが、年会費が1,050円になっています・NEXCO 中日本ETCプレミアムドライバーズカード:入会で2,000ポイントプレゼントがあり、サービスエリアやパーキングエリアでの買い物にも200円で2ポイントの加算になりますし、マイレージとは別に200円で2ポイントがつき、年会費は無料です。
以上のようにETCカードを比較すると、いろいろなカードがあります。
しかし、ETCカードとしての機能などを考えていくとカードの比較の中で前提が年会費無料を筆頭に、マイレージなどのポイントがたまること等がカードを比較する上でのポイントが有利でしょう。
この比較の中では、中日本のカードが最もETC利用に関してメリットがあるのではないでしょうか。
個人の使用状況もありますのでETCカードの比較をしてみることは重要でしょう。