ETCカードはどんなもの?種類と特徴は?

ETCカードはどんなもの?種類と特徴は?

ETCカードは、クレジットカードの国際規格と同じサイズのプラスチックカードにICチップとETC車載器との接続のための必要な端子を埋め込んだカードになります。
このETCカードのICチップには、あらかじめカード固有の情報が書き込まれていてETCを利用する際にETC車載器がETCカードの必要な情報を車載器のICチップへカードのICチップから読み書きを行うことになります。
このICチップにはETCに利用の料金履歴を保存することができて、このETCカードのの利用履歴は、車載器やプリンタなどで確認ができます。
このETCカードには、次の3種類があります。
・ETCクレジットカード:クレジットカード会社は発行し、ETC利用者に貸与するETCカードになります。
当初は、個人ではETCカードとしてこのETCクレジットカードの利用しかできませんでした。
ETCクレジットカードは、通常のクレジットカードとは異なるカードが発行されるのでクレジットカードが親カード、ETCクレジットカードが子カードとなります。
カード会社によっては、一体型のETCクレジットカードもあります。
ETCクレジットカードでは、ETCマイレージが利用できることになります。
・ETCパーソナルカード:ETCパーソナルカードは、ETCカード事務局に申し込むことになります。
ETCクレジットカードとの最大の差はデポジット(預託金)を預託することで、ETCパーソナルカードの利用ができる様になったことです。
この預託金はETCの利用予想額等をETC事務局に申請し、ETC事務局が決定した預託額(デポジット額)を利用者が払い込んだ後にETCカードが貸与されるわけです。
ETCパーソナルカードのデポジット額は、支払に使われるわけではなくETCパーソナルカードの利用料金は、口座引き落としとなっています。
ETCパーソナルカードを返却する場合、預託金は返却されます。
・ETCコーポレートカード:ETCコーポレートカードは、大口の利用者や多頻度の利用者に貸与するETCカードです。
ETCコーポレートカードは、法人だけでなく個人でも利用可能ですが、ETCカードが1台の車両のETC車載器に対して1枚のカードというように固定となります。

特に承認されている場合を除き、ETCコーポレートカードはETC車載器に固定になるわけです。